囲碁ゲームサロン パンダネット

大会・イベント

アメリカ囲碁ニュース

アメリカの囲碁ニュース・棋戦情報をお伝えします。

アメリカからの囲碁ニュース・棋戦情報を皆様にお伝えします。

囲碁ニュース [ 2018年2月19日 ]

映画『The Surrounding Game』、ワールドリリース


 アメリカ出身の若手囲碁プレーヤー3人の姿を追ったドキュメンタリー映画『The Surrounding Game』(公式サイトはこちら)が2月15日にワールドリリースされた。DVD、ブルーレイ、ストリーミングでの視聴が可能のほか、クラブや個人で上映会を開催したい人用に、スクリーニングパック(https://www.surroundinggame.com/collections/official-surrounding-game-merch/products/official-screening-pack)も用意されている。
 『The Surrounding Game』はウィル・ロックハート、コール・プルート両氏がプロデュース、2012年から準備を始めた。米国囲碁連盟主催のプロ入段手合の様子を中心に、日本、中国、韓国でも撮影を行った。在りし日の呉清源九段の姿も収めるなど、豪華な内容となっている。

テクノ音楽グループのSRP、「Alpha Go」という楽曲を発表

アメリカの著名なエレクトロミュージックグループ『The Shanghai Restoration Project(SRP)(公式サイトはこちら)』は新アルバム『R.U.R』を発表したが、この中に「Alpha Go (ビデオはこちら)」という楽曲が含まれている。これはグーグルディープマインドのAlphagoが柯潔九段を破ったことにインスパイヤされて作曲されたという。 SRPは2006年に誕生した、中国系米国人のデイブ・リアン、スン・ユンファンの両氏が率いるデュオ。ニューヨークをベースとして活躍している。

参照:Mugic video

米囲碁連盟、『米大統領ボランティアサービス賞』の認証団体に


米国囲碁連盟(AGA)が、『米大統領ボランティアサービス賞』の認証団体として認められた。『米大統領ボランティアサービス賞』は、ボランティア活動を奨励するための賞で、ボランティア活動を行った時間に応じて授与される。このシステムが、囲碁ボランティアを行った人にも適用されることとなる。1年に100時間超で銅メダル、250時間超で銀メダル、500時間超で金メダルといった具合で、未成年の場合は必要な時間はより少なくなる。またトータルで4000時間のボランティアを行った人には「特別功労賞」が授与される。具体的には、賞状、トランプ大統領のサイン入りレター、メダルなどを受け取ることができるという。なお、最初の受賞者は、カリフォルニア州サンタクララのワン・ウェンガンさんで銅メダルを受賞する。ワンさんは、毎週学校の子供向けの囲碁クラスを行うなどの活動が認められた。2017年には米国囲碁基金の「ティーチャーオブザイヤー」にも輝いている。


American Go E-Journal
より

囲碁ニュース [ 2018年1月9日 ]

ニューヨークで青少年のチーム大会が開催

 ニューヨークの「囲碁インスティチュート」において12月22-23日にかけて第2回となる青少年向けのチーム大会が開かれた。「囲碁インスティチュート」は中国出身のプロ、ステファニー・インさんが主宰する囲碁スクールである。今年の大会には、ニューヨーク周辺地域から30人超のプレーヤーが参加した。ほとんどのプレーヤーは1、2年前に囲碁をはじめたばかり。1チーム3人ずつで対抗戦を行い、「MustWin」チームが優勝した。「明日は朝早起きして、大会にくる前に一局プロの碁を並べなきゃ。イン先生に一日一局はかならず並べるって約束したの」と語るのは「MustWin」チームの副将をつとめたチェンハン・ドゥさん、8歳。将来有望である。


大会の様子。

表彰式にて。

シアトル囲碁センターでペア碁大会が開催

 シアトル囲碁センターで12月16日、第5回ペア碁大会が開催された。11ペアが参加してペア碁を楽しんだ。


仮装がいい味を出しています

成績優秀者達。


American Go E-Journal
より

バックナンバー