ヨーロッパ囲碁ニュース

ヨーロッパの囲碁ニュース・棋戦情報をお伝えします。

囲碁ニュース [ 2019年6月17日 ]

Kidoカップ、カチャノフスキー2pが優勝

第11回となる独ハンブルクのKidoカップが6月8-10日にかけて開催された。同大会は欧州でも最大規模の大会で、今回も200人を超える人が参加した。

欧州国籍をもった強豪に限定されるトップ8には、欧州プロとしてはウクライナのアルテム・カチャノフスキー2p、アンドリー・クラヴェッツ1pの2人が参加した。

トップ8の対局の様子。カンパニー6d(右)が台風の目となった。(写真:Antonius Claasen、欧州囲碁連盟、以下同)

総当たりリーグの結果は以下の通り。

1 アルテム・カチャノフスキー 2p ウクライナ 6-1
2 スタニスワフ・フレイラック 7d ポーランド 4-3
3 レミ・カンパニー 6d フランス 4-3
4 アンドリー・クラヴェッツ 1p ウクライナ 4-3
5 ヴァレリー・クルシェルニツキー 5d ウクライナ 3-4
6 コルネル・ブルゾ 7d ルーマニア 3-4
7 エリアン=ヨアン・グリゴリウ 5d ルーマニア 2-5
8 ドミニク・ボヴィズ 6d ハンガリー 2-5

アルテム・カチャノフスキー2pが6勝1敗の好成績で2連覇を果たした。2位以降は混戦で、3人が4勝3敗で並んだが、ポーランドの実力者フレイラック7dが2位となった。フランスのカンパニー6dはカチャノフスキー2pとクラヴェッツ1pに土をつけ、前週のアムステルダム大会で2位に食い込んだのに続く好成績。4位はクラヴェッツ1pだった。

トッププレーヤーによる検討。

なお、メイン大会の優勝は昨年に続き金永三8d。2位には、関西学院大学OBで現在ドイツ在住の亀川恵二6dが入賞した。

同大会には毎年韓国棋院プロが指導に訪れる。右からハンブルク在住の尹暎善8p、都恩敎1p、金燦佑6p。
子供大会の様子。尹8pが見守る。
ペア碁大会も開催された。優勝はドイツのマーニャ・マルツ(左)、フェルディナンド・マルツ親子。
トップ8で2連覇を果たしたカチャノフスキー2p(右)。

[ 記事:野口基樹 ]

囲碁ニュース [ 2019年6月6日 ]

欧州ペア碁選手権、コヴァレヴァ/スリン・ペアが優勝

5月最終週末、オランダ・フローニンゲンにおいて欧州ペア碁選手権が開催された。6カ国から13ペアが参加した。

ハンガリーペア(左)とロシアペアの対局。(写真:欧州囲碁連盟、以下同)
ベスト3。中央が優勝のコヴァレヴァ/スリン・ペア、右が2位のファズルジャノバ/ディナーシュタイン・ペア、左が3位のマルツ/クラメール・ペア。

6回戦の結果、優勝はロシアのナタリア・コヴァレヴァ5dとドミトリー・スリン6dのペア。昨年優勝のアイグル・ファズルジャノヴァ4dとアレクサンダー・ディナーシュタイン3pのペアを破り、2年ぶりの王座奪還となった。

上位の結果は以下の通り。

順位 女性 男性 段級位 勝数
1 コヴァレヴァ スリン 5d ロシア 6
2 ファズルジャノヴァ ディナーシュタイン 5d ロシア 5
3 マルツ クラメール 4d ドイツ 4
4 ボクレ ビルエ 3d フランス 4
5 ポチャイ フォディ 3d ハンガリー 3
6 ローロフス エークフート 1k オランダ 3

[ 記事:野口基樹 ]

囲碁ニュース [ 2019年5月27日 ]

欧州囲碁連盟第7のプロはフランスのルカルヴェ選手

5月16-19日にかけて、フランス・ストラスブールにおいて第5回目となるプロ入段手合が開催された。

これまでに開催された入段手合とその結果をおさらいしておくと、以下のようになる。

開催地 参加人数 プロ入段者
第1回(2014年) ストラスブール
アムステルダム
ウィーン
16人 パヴォル・リジー(スロヴァキア)
アリ・ジャバリン(イスラエル)
第2回(2015年) ピサ 16人 イリヤ・シクシン(ロシア)
マテウシュ・スルマ(ポーランド)
第3回(2016年) バーデンバーデン 16人 アルテム・カチャノフスキー(ウクライナ)
第4回(2017年) ウィーン
パルドゥビツェ
16人 アンドリー・クラヴェッツ(ウクライナ)

これまで、6人がこのシステムを通じてプロとなった。今回の大会は、2017年以来2年ぶりとなる。昨年大会が開かれなかったのは、毎年入段手合を実施した場合、プロのレベルが年々低下する恐れがあるため、という話であるが、恐らくスポンサーの関係もあるのであろう。表を見ると分かるように、入段手合はこれまで複数の土地で2日ずつ数段階を経て行われる場合と、1ヶ所で4日ほどかけて実施するケースがあったが、今回は後者となった。参加者は毎回と同じく16人で、欧州ランク順では以下の通りである。

名前 段位 出身国
コルネル・ブルゾ 7d ルーマニア
ルカシュ・ポドペラ 7d チェコ
スタニスワフ・フレイラック 7d ポーランド
アントン・チェルニフ 6d ロシア
ヴィクトール・リン 6d オーストリア
タンギー・ルカルヴェ 6d フランス
ドミニク・ボヴィズ 6d ハンガリー
ロブ・ファンザイスト 6d オランダ
レミ・カンパニー 5d フランス
ヨナス・ヴェルティケ 5d ドイツ
ヴィアチェスラフ・カイミン 5d ロシア
シナン・ジェポフ 5d ブルガリア
オンドレイ・クルムル 5d チェコ
オスカル・ヴァスケス 5d スペイン
アミール・フラグマン 5d イスラエル
シャイアン・ハムラー 5d オーストリア

当然ながら、上位のブルゾ、ポドペラ、フレイラックの7d陣を有力候補として推す声が強かった。

いつでも場を明るくするブルゾ7d。(写真:筆者)
篤実なタイプのポドペラ7d。(写真:Adriana Tomsu)
集中力で圧倒するフレイラック7d。(写真:Adriana Tomsu

大会は、第3回戦まではダブルエリミネーション方式(2敗者敗退)で8人を選び、準々決勝以降はノックアウト方式で行われる。今回、参加者は5-6dが中心だったが、全体的に若手のレベルが上昇しているのが感じられた。韓国や中国でトレーニングを受けるケースも増えており、それが確実に好影響を与えているのだろう。

7d陣のうち、ブルゾ7dは準々決勝で脱落した。ベスト4には、ポドペラ7d、フレイラック7dに加え、ブルゾ7dを撃破したボヴィズ6dと、準々決勝でリン6dを苦しみながらも逆転で破ったルカルヴェ6dが進出した。準決勝では、ポドペラ、フレイラックの7d同士が対決。これはポドペラ7dが手厚く制し、第1回以来の決勝進出を果たした。もう一山は、ルカルヴェ6dが勝利を収めた。

碁も迫力いっぱいのボヴィズ6d。(写真:Adriana Tomsu)

決勝は、白番のポドペラ7dが手厚く戦い、優勢を築いた。しかし、ルカルヴェ6dも我慢に我慢を重ねてジワリと差を詰め、ポドペラ7dのミスをついて逆転。3目半勝ちを収め、欧州第7のプロとなった。西欧からプロとなったのはルカルヴェ6dが初めてである。

息詰まるような空気の中での決勝。(写真:Adriana Tomsu)
中国式の整地。勝者にも笑みはなく、厳しい勝負を物語る。(写真:Adriana Tomsu)

ルカルヴェ6dは24歳。その入段については、大番狂わせという声が強く、決勝前もポドペラ7d乗りの声が圧倒的だった。
筆者自身はルカルヴェ6dを子供のころから見てきたが、ここ3年ほどの成長ぶりが実に素晴らしかったので、もしかしたら…という予感はあった。これまで大一番を落とすことが多かったのだが、今回はダメ元で行ったのがよかったかもしれない。苦しい碁も多かったが、それを実によく我慢し逆転につなげたのは見事だった。
本人は、「12歳で『ヒカルの碁』を見てから、プロになるのが夢だったので、本当に嬉しい。現在は、囲碁を教えて生活しているが、教えるのはとても性に合っていると思う。しかし、プロになったからには、まずはほかのプロに追いつけるように、そしてさらに強くなれるように努力する」とコメントした。
フランスからプロが出るのは個人的には非常に感慨深い。なかなか生活も楽ではないと思うが、是非自分の道を見つけて頑張ってほしいものだ。

表彰式にて。(写真:筆者)

[ 記事:野口基樹 ]

囲碁ニュース [ 2019年5月15日 ]

欧州青少年選手権、モスクワで開催

欧州青少年選手権が5月2-5日にかけてモスクワで開催された。選手権に先立って数日間にわたり青少年向けのキャンプが行われるなど(その様子はビデオhttps://eygc2019.com/en/video-about-go-training-camp/で見ることができる)、現在のロシアらしく豪華な大会となった。

(写真:Mikhail Krylov、ロシア囲碁連盟、以下同)
ホテルのロビーで検討する若者たち。
会場にて。胸の囲碁ワッペンが素敵!

結果は以下の通り。

名前 段位 勝敗
1 ヴセヴォロド・オフシエンコ 1d ウクライナ 5-1
2 アルテミー・ピシシャルニコフ 1d ロシア 5-1
3 アレクセイ・イゴニン 2k ロシア 4-2
12歳未満
中央が優勝のオフシエンコ1d。右が2位のピシシャルニコフ1d、左が3位のイゴニン2k。
名前 段位 勝敗
1 ヴィルジニア・シャルネヴァ 4d ロシア 5-1
2 アーヴェド・ピトナー 4d ドイツ 5-1
3 トゥ・リンヴ 3d フランス 5-1
16歳未満
中央が優勝のシャルネヴァ4d。右が2位のピトナー4d、3位がトゥ3d。シャルネヴァ4dは女性として3人目の青少年選手権勝者となった。
名前 段位 勝敗
1 アントン・シェルニフ 6d ロシア 5-1
2 グレゴリー・フィオニン 6d ロシア 5-1
3 エリアン=ヨアン・グリゴリウ 5d ルーマニア 4-2
20歳未満
左から2人目が優勝のシェルニフ6d。その右が2位のフィオニン6dと3位のグリゴリウ5d。
キャンプにて。欧州各国から参加者があった。中央(背中)はマテウシュ・スルマ2p。
会場アルト・ホテルの前での集合写真。

[ 記事:野口基樹 ]

囲碁ニュース [ 2019年5月2日 ]

スルマ2p、グランドスラム初優勝

欧州最強プレーヤーを集めたグランドスラム大会が4月25-28日にかけて例年通りベルリンにおいて開催された。様々な基準を通じて選抜された12人が参加した。

アマチュア勢で一回戦を突破したのはルカシュ・ポドペラ7d(チェコ)のみで、そのポドペラ7dも二回戦でイリヤ・シクシン3p(ロシア)に屈した。ベスト4には昨年優勝のシクシン3pに加え、マテウシュ・スルマ2p(ポーランド)、アンドリー・クラヴェッツ1p(ウクライナ)、アルテム・カチャノフスキー2pが進出した。

決勝はスルマ2pとカチャノフスキー2pの対決となった。黒番のカチャノフスキー2pが手厚く打ち進め、スルマ2pはシノギ一方で苦しい展開かと見られたが、黒の決め損ないを咎めて見事に逆転に成功、初優勝を収めた。現在進行中の欧州・米国プロが対局する大会においても快進撃を続けるスルマ2p、今後の爆発を予感させる勝利だった。

欧州プロ達のパネル。中央は左からシクシン3p、ジャバリン2p、スルマ2p。(写真:Misha Krylov、欧州囲碁連盟、以下同)
優勝したスルマ2p(左)。篤実な若者で、囲碁の著作も多数発表している。

グランドスラム大会の過去の5回の結果は以下の通り。最強のシクシン3pが第1回、4回に2回優勝し、第2回を除いてはベスト4に進出して安定しているが、そのほかでは上位が大きく変動しており、欧州プロ間の力の均衡を示すものだろう。

年度 優勝 準優勝 3位 4位
2015 第1回 イリヤ・シクシン マテウシュ・スルマ アリ・ジャバリン クリスティアン・ポップ
2016 第2回 アリ・ジャバリン アルテム・カチャノフスキー パヴォル・リジー マテウシュ・スルマ
2017 第3回 アルテム・カチャノフスキー アレクサンダー・ディナーシュタイン パヴォル・リジー イリヤ・シクシン
2018 第4回 イリヤ・シクシン パヴォル・リジー デュシャン・ミティッチ アンドリー・クラヴェッツ
2019 第5回 マテウシュ・スルマ アルテム・カチャノフスキー イリヤ・シクシン アンドリー・クラヴェッツ

ニシュ囲碁大会、リジー2pが優勝

セルビア南東部の都市、ニシュの囲碁大会が3月末の週末に開催された。同大会はセルビア最大の大会で、毎年100人前後を集める。また今年は15大会から構成される欧州のグランプリ大会の一つともなった。

強豪が多く集まったトップグループでは、パヴォル・リジー2pが全勝優勝を飾った。2位は地元のニコラ・ミティッチ7d、3位はオーストリアのヴィクトール・リン6d、4位はチェコのルカシュ・ポドペラ7dだった。

大会の様子。若者も多数参加。(写真:ニシュ囲碁クラブ)
優勝したリジー2p。プロの強さを見せつけた。(グランドスラム大会にて。写真:Misha Krylov、欧州囲碁連盟)

[ 記事:野口基樹 ]

囲碁ニュース [ 2019年4月25日 ]

欧州・米国プロ対抗戦が開始

2連勝を飾ったスルマ2p。(写真:欧州囲碁連盟)

欧州囲碁連盟(EGF)と米国囲碁連盟(AGA)に所属するプロによる対抗戦が4月7日から始まった(https://transatlanticgo.org/)。各チーム5人ずつを擁し、農心杯方式で実施される。対局は日曜日に月2-3回のペースでオンラインで打たれ、ゲームストリーミングサイトのTwitchなどを通じて配信される。勝利チームは1万ユーロの賞金を獲得する。

両チームのメンバーは以下の通り。

EGF
イリヤ・シクシン3p(ロシア、2015年入段)、パヴォル・リジー2p(スロバキア、2014年入段)、アルテム・カチャノフスキー2p(ウクライナ、2016年入段)、マテウシュ・スルマ2p(ポーランド、2015年入段)、アリ・ジャバリン2p(イスラエル、2014年入段)

AGA
アンディ・リウ1p(2012年入段)、ウィリアム・ガンシェン・シ1p(カナダ、2012年入段)、カルヴィン・スン1p(2013年入段)、ライアン・リー1p(2014年入段)、エリック・ルイ1p(2015年入段)

4月23日時点では3局が打たれ、欧州先鋒のスルマ2pがリウ1p、スン1p、シ1pを撃破して3連勝を達成、米国を圧倒している。スルマ2pの快進撃が続くか、米国勢が巻き返すか。米国は2017年に中国のトッププロである陳耀燁9pを倒した実績のあるリー1pを温存している。共に数年来プロ制度を実施してきた両連盟の成果を測る意味でも注目の対局である。

パリ囲碁大会、金永三8dが優勝

パリ囲碁大会がイースターの週末である4月20-22日にかけて開催された。同大会は昨年までの数年間パリ近郊のヌイイーで開催されていたが、今年は中心部への回帰を果たしたこともあり、昨年と比べて30人多い130人が参加した。6回戦の結果、ドイツ・イエナ在住の金永三8dが優勝を果たした。しかし、金8dは最終戦でルーマニアのコルネル・ブルゾ7dに半目負けする波乱があり、2位のブルゾ7d、3位の戴俊夫8d(フランス)を含め3人が1敗で並ぶ混戦だった。4位はフランスのトマ・ドゥバール7d、5位はスペインのオスカル・バスケス5dだった。

優勝した金8d。(写真:Jean-Pierre Tavan、以下同)
ブルゾ7dは殊勲の星を上げたが、ドゥバール7dに敗れたのが祟り2位に終わった。

[ 記事:野口基樹 ]

囲碁ニュース [ 2019年4月1日 ]

グランドスラム予選会、ルカルベ6dとニコラ・ミティッチ7dが勝ち抜き

3月15-16日にスロバキアのブラチスラバにおいてグランドスラム大会の予選会が開催された。欧州最高峰の大会であるグランドスラム大会は4月末にベルリンで開催される予定で、同大会に参加するのは欧州囲碁連盟のプロ(6人)、ボーナスポイント大会成績優秀者(2人)、欧州ランキングトップ(1人)、ワイルドカード(1人)に加え、今回の予選会上位者2人の全部で12人である。

予選会には5-7dの10人が参加。5回戦の結果、全勝のない大混戦となったが(最近の傾向である)、1敗で抜け出したのはタンギー・ルカルベ6d(フランス)とニコラ・ミティッチ7d(セルビア)の二人だった。

戦い抜くタイプのルカルベ6d。(写真:Sona Lisa、欧州囲碁連盟、以下同)
とても正統派な囲碁を打つミティッチ7d。
1 ニコラ・ミティッチ 7d セルビア 4-1
2 タンギー・ルカルベ 6d フランス 4-1
3 アントン・チェルニフ 6d ロシア 3-2
4 コルネル・ブルゾ 6d ルーマニア 3-2
5 オンドレイ・クルムル 5d チェコ 2-3
最終結果(上位2人が枠抜け)

今回は次点に泣いたものの、ロシアの新鋭チェルニフ6dは上位二人に負けたのみで健闘した。

今年のグランドスラム参加者は以下の通り。ワイルドカードとしてはスペインのオスカル・バスケス5dが選ばれた。
イリヤ・シクシン3p(ロシア)
アリ・ジャバリン2p(イスラエル)
アルテム・カチャノフスキー2p(ウクライナ)
マテウシュ・スルマ2p(ポーランド)
パヴォル・リジー2p(スロバキア)
アンドリー・クラヴェッツ1p(ウクライナ)
ルカシュ・ポドペラ7d(チェコ)
デュシャン・ミティッチ7d(セルビア)
アレクサンダー・ディナーシュタイン3p(ロシア)
ニコラ・ミティッチ7d(セルビア)
タンギー・ルカルベ6d(フランス)
オスカル・バスケス5d(スペイン)

なお、グランドスラム予選会に続く週末(16-17日)には第2回となるKedrosカップが開かれ、70人が参加した。

こちらは5回戦の結果、コルネル・ブルゾ6dが見事全勝で優勝を収めた。2位はルカシュ・ポドペラ7d(チェコ)、3位はデュシャン・ミティッチ7d(セルビア)、4位はスタニスワフ・フレイラック7d(ポーランド)だった。ちなみに予選会で枠抜けしたルカルベ6d、ニコラ・ミティッチ7dはともに3敗を喫して不振に終わっており、このレベルでコンスタントに勝つことの難しさを教えてくれる。

成績優秀者。左から3位のデュシャン・ミティッチ7d、優勝のブルゾ6d、2位のポドペラ7d、4位のフレイラック7d。

[ 記事:野口基樹 ]

囲碁ニュース [ 2019年3月26日 ]

仏グルノーブルでペア碁選手権+ペアチェス大会が開催

開会式にて。囲碁クラブ代表、チェスクラブ代表、グルノーブル市代表による挨拶。(写真:筆者、以下同)

3月16-17日にかけて、仏ペア碁オープン選手権がグルノーブルで開催された。今年は色々な意味で特殊な大会となった。まず、グルノーブル囲碁クラブがグルノーブルのチェスクラブとタイアップして、ペア碁選手権にあわせて「ペアチェス」大会を開いた。なんと、チェスではペアでのゲームというのはほとんど行われたことがないのだそうである(チェスクラブの方は「世界初の試み」と言っておられた)。ゲームの性格上の問題なのかもしれないが、興味深い。フランスでは囲碁界の女性の率が2割とされているが、チェス界もこの割合はほぼ同様で、女性への浸透が課題なのは同じだそうだ。

ペアチェス大会は土曜日のみ、3回戦で行われ、6ペアが出場した。基本的な大会のルール(着手順、時間など)についてはペア碁に従った。囲碁と違うのは、着手順で間違えた場合のペナルティが時間で払われること(相手側に2分が追加される)、また対局者が相談してよいケースに「引き分けの提案」があることである。 大会前は懐疑的な声も少なくなかったというが、結果は上々で、皆新たな発見に満足していたようである。まったく偶然ながら、フランスチェス連盟は男女平等を促進する観点から今年夏のフランス選手権の機会にやはり非公式のペアチェス大会を実施するのだそうだ。

ペアチェスの様子。
チェスの上位入賞者。

さて、ペア碁オープン選手権の方にはフランス中から12ペアが集った。「オープン」と名前がついているのは、私のような外国人でも参加できる、という意味である。実は毎年行われるペア碁選手権はそれこそ「オープン」なのだが、今年わざわざそう断りをいれている、というのは、「オープン」でなくフランス国籍保有者のみが参加できるもうひとつの選手権が9月に開かれるからである。なぜ2つ目のペア碁選手権が開かれることになったか、というと、来年2020年のオリンピックイヤーに、日本で大規模なペア碁選手権が開催される見込みであるためである。その選考を2大会を通じて行おう、というわけである。

4回戦の末、優勝したのはドミニク・コルニュエジョルス1dとデニス・カラダバン5dのペア。これまでは「永遠の2位」だったが、見事全勝で嬉しい初優勝を果たした。

フランスでは、「個人の大会はあまり出る気がないが、ペア碁だったら出たい」という人も多い。今年は特別なケースではあるが、今後も2つのペア碁選手権を併存させる可能性も検討されているようで、楽しみである。

右奥のゾエさんは15歳。昨年10月に囲碁を始めたばかりだが、すでにフランスの9級程度の実力で、見事2勝を上げ、段のペアも苦しめて「天才少女出現か」と話題になった。
土曜日には地元の子どもたちの連碁大会も開かれた。
子供連碁大会の表彰式にて。
布石段階では和気あいあいだが…
中盤以降、部屋の空気はいっぺんに緊張する。
ラウンドの合間に練習対局。
屋外での検討。AI流がかなり浸透してきた。
決勝の様子。
優勝ペア。コルニュエジョルスさんは同大会のメインオーガナイザーでもあった。

[ 記事:野口基樹 ]

囲碁ニュース [ 2019年3月18日 ]

第4回欧州プロ選手権、カチャノフスキー2pが優勝

欧州プロ達の検討。(写真:欧州囲碁連盟、以下同)

第4回欧州プロ選手権および欧州囲碁連盟のボーナスCレベルの大会が独東部イエナにおいて3月6-10日にかけて開催された。イエナには最近囲碁スクール「JIGS」が開設され、金栄三8dとマーニャ・マルツ4dが指導を行っている。今回の「囲碁ウィーク」とも言うべき大会開催も、こうした流れに乗ったものとなっている。

プロ選手権は6-8日にかけて開催され、欧州囲碁連盟プロであるイリヤ・シクシン3p(ロシア)、パヴォル・リジー2p(スロバキア)、アリ・ジャバリン2p(イスラエル)、マテウシュ・スルマ2p(ポーランド)、アルテム・カチャノフスキー2p(ウクライナ)、アンドリー・クラヴェッツ1p(ウクライナ)の6人が参加、総当たり戦で覇を争った。

ここ数年同様、全勝がない混戦となったが、優勝を飾ったのはカチャノフスキー2pで、スルマ2pに敗れたのみの4勝1敗だった。シクシン3p、スルマ2p、クラヴェッツ1pの3者が3勝2敗で同率2位となった。中でもクラヴェッツ1pは初日2連勝するなど気を吐いた。入段以来目立った活躍がなかっただけに、特筆に値するだろう。昨年優勝のリジー2p、またジャバリン2pは共に1勝4敗の大ブレーキだった。

続く週末(9-10日)のボーナスCレベル大会には、プロ選手権参加組、ドイツ在住の韓国アマ強豪を含め50人強が参加した。 5回戦の末優勝したのはベルリン在住の金成進7d。決勝ではマテウシュ・スルマ2pに辛勝した。スルマ2pは準決勝で欧州囲碁コングレスで複数回の優勝がある金栄三8dを下すなど、プロ選手権での好調を維持した。

優勝したカチャノフスキー2p。
上位入賞者。中央が優勝の金成進7d、右が2位のスルマ2p、左が3位の金栄三8d。

[ 記事:野口基樹 ]

囲碁ニュース [ 2019年2月26日 ]

ルーマニア囲碁キャンプが開催

SEYGOツアー大会の対局。左が優勝のジェポフ5d、右が2位のバスケス5d。(写真:Judith van Dam, EurogoTV)

ルーマニア囲碁キャンプが2月3-10日にかけてヴァトラ・ドルネイにおいて開催された。このキャンプはルーマニア出身のツァラヌ・カタリン5pなどが中心となって組織しているもので、今年で3回目となる。ルーマニア女性選手権、ペア碁選手権といった国内向け行事から、欧州の若者向けのトレーニング・キャンプと大会、第2回となる「VADOカップ」のような国際行事までを詰め込んだ盛り沢山の内容となった。欧州各地から多くの参加者が集まったほか、北京からも囲碁道場のメンバーが訪れ、賑やかな大会となった。

今年の新行事としては、欧州若者向けに「SEYGOツアー」と名付けられた一連の大会が設立され、ヴァトラ・ドルネイでその第1段階となる大会が開かれたことがある。「SEYGOツアー」とは「Saijo European Youth Goツアー」の略で、ツァラヌ5pの師であり、欧州における囲碁普及を長きにわたり行った日本棋院中部総本部の西条雅孝9pの名を冠している。この大会は20歳未満、16歳未満、12歳未満の3カテゴリーが設けられ、全部で100人近い参加者があった。20歳未満ではブルガリアの新鋭シナン・ジェポフ5dとスペインのオスカル・バスケス5dが1敗で並んだが、直接対決の結果でジェポフ5dが優勝となった。ジェポフ5dは若いながらEブックを出版するなど積極的な活動をしている。16歳未満ではヨアン=アレクサンドル・アルシノアイア2d、12歳未満ではドラゴシュ・ボルデアヌ1dと共にルーマニアのプレーヤーが優勝した。

SEYGOツアー大会の様子。(写真:Judith van Dam, EurogoTV)
ペア碁大会。(写真:Judith van Dam, EurogoTV)

また、欧州グランプリCレベル大会のVADOカップには140人近くが参加。うち6D以上のプレーヤーは10人を数え、プロもアルテム・カチャノフスキー2p(ウクライナ)とマテウシュ・スルマ2p(ポーランド)の2人が参加した。6回戦の本大会は第5回戦までポーランドのスタニスワフ・フレイラック7dが同郷のスルマ2pを倒すなど5連勝したが、最終戦でデュシャン・ミティッチ7d(セルビア)に敗れた。ミティッチ7dはすでにスルマ2pに敗れており、1敗でこの三者が並ぶ三つ巴となったが、スルマ2pが優勝となり、昨年に続き2連覇を果たした。

VADOカップの上位入賞者。左から3位のデュシャン・ミティッチ7d、2位のスタニスワフ・フレイラック7d、優勝のマテウシュ・スルマ2p。(写真:Judith van Dam, EurogoTV)

ロシア中国公使杯、シクシン3pが優勝

ロシア・サンクトペテルブルクにおいて、2月16-17日に第10回となる中国公使杯が開催された。総勢では200人が参加する大きな大会となった。また上位も、ロシアからイリヤ・シクシン3p、アレクサンダー・ディナーシュタイン3pのほか、ポーランド出身で現在ロシア在住のマテウシュ・スルマ2p、中国から女流の仇丹雲2pが参加するハイレベルなものとなった。

トップグループでは、シクシン3pが決勝で仇2pを下し見事優勝した。

大会の様子。(写真:ロシア囲碁協会)
上位入賞者。左から4位のスルマ2p、2位の仇2p、優勝のシクシン3p、サンクトペテルブルク副領事、3位のディナーシュタイン3p。(写真:ロシア囲碁協会)

[ 記事:野口基樹 ]

囲碁ニュース [ 2019年2月10日 ]

第2回グランプリファイナル、シクシン2pが優勝

1月24-27日にかけて、第2回となるグランプリファイナル大会が行われた。場所は昨年と同じく、チェコ・モラビア地方のオロモウツである。この大会のシステムについては昨年のレポートに詳述したので、そちらを参考にしていただきたい。今年の大会は、2018年に欧州グランプリを構成した13大会における成績優秀者16人が参加した。欧州グランプリ構成大会は前年に比べて3大会増えた。

予選4リーグの結果は以下の通り。上位2人が決勝トーナメントに駒を進める。

Aグループ

順位 名前 段位 勝 - 負
1 パヴォル・リジー 2p スロバキア 3-0
2 アリ・ジャバリン 2p イスラエル 2-1
3 ニコラ・ミティッチ 7d セルビア 1-2
4 アミール・フラグマン 5d イスラエル 0-3

Bグループ

順位 名前 段位 勝 - 負
1 イリヤ・シクシン 2p ロシア 3-0
2 アルテム・カチャノフスキー 2p ウクライナ 2-1
3 オンドジェイ・クルムル 5d チェコ 1-2
4 ヨナス・ヴェルティケ 6d ドイツ 0-3

Cグループ

順位 名前 段位 勝 - 負
1 マテウシュ・スルマ 1p ポーランド 3-0
2 アレクサンダー・ディナーシュタイン 3p ロシア 2-1
3 レミ・カンパニー 6d フランス 1-2
4 タンギー・ルカルベ 6d フランス 0-3

Dグループ

順位 名前 段位 勝 - 負
1 スタニスワフ・フレイラック 7d ポーランド 2-1
2 ルカシュ・ポドペラ 7d チェコ 2-1
3 デュシャン・ミティッチ 7d セルビア 2-1
4 ルカ・ネイリンク 5d ベルギー 0-3

リジー、ジャバリン、シクシン、カチャノフスキー、スルマの欧州プロ陣はすべて枠抜けしてその力を見せつけた(ウクライナのアンドリー・クラベッツ1pは不参加)。韓国棋院のディナーシュタイン3pも枠抜けを果たした。プロが入らなかったDグループは大混戦となったが、フレイラック、ポドペラの両者が1、2位を占めた。

決勝トーナメント

リジー リジー リジー シクシン
ディナーシュタイン
カチャノフスキー カチャノフスキー
フレイラック
スルマ スルマ シクシン
ジャバリン
シクシン シクシン
ポドペラ

決勝トーナメント1回戦では、アマ勢に加え、昨年優勝のジャバリン2pも脱落、準決勝は欧州プロ4人の争いとなった。決勝に残ったのはパヴォル・リジーおよびイリヤ・シクシンの両2pで、昨年の欧州コングレスにおける欧州選手権決勝の再現となった。この二人らしく、序盤から複雑怪奇なねじり合いとなったが、今回はシクシン2pが手厚く局面を動かして勝利を収めた。

シクシン・プロは、今回の勝利により3pへの昇進を果たした。(写真:欧州囲碁連盟)

[ 記事:野口基樹 ]

囲碁ニュース [ 2019年1月18日 ]

欧州のプロ昇段システム、2年目を迎える

欧州囲碁連盟サイト(https://www.eurogofed.org/)には定期的に様々なプレーヤーによる記事が投稿されている。昨年末に、アルテム・カチャノフスキー2p(ウクライナ)による「欧州囲碁連盟の昇段システム」という記事が公表されたので、その内容を大まかに紹介したい。

欧州囲碁連盟でプロシステムが導入されたのは2014年で、現在までのところこのシステムを通じて6人が入段した。一方、プロの昇段システムが提案され、運用が開始されたのは2018年に入ってからのことである。このシステムはポーランドのマテウシュ・スルマ1pが中心になって考案したもの。その骨子は以下の通りである。

     
  • ・1-4pまでは「低段ポイント(LDP)」、5-8pまでは「高段ポイント(HDP)」と呼ばれるポイントを稼ぐことで昇段できる。昇段すると、0からの再スタートとなる。
  • ・1-4pでは、昇段に必要なポイントは、2p=40、3p=50、4p=60。
  • ・LDPに関しては、欧州および欧州外での大会(オンライン除く)において、アジア、欧州、北米などほかのプロに勝つことで得られる。基本的に1勝=1ポイントだが、世界戦本戦で勝った場合は、1勝=2ポイントが得られる。
  • ・これに加え、欧州選手権など大きな大会、また欧州外のプロが参加する大会に勝利すると、10ポイントが加算される。このほか、欧州のレベルB大会の優勝は2ポイント、レベルC大会の優勝は1ポイントが加算される。
  • ・5pに達すると、昇段基準が厳しくなり、HDPが必要となる。
  • ・HDP獲得は、世界大会の本戦入りが条件。ベスト16で1ポイント、ベスト8で2ポイント、ベスト4で8ポイント、決勝進出で16ポイントが得られる。昇段に必要なポイントは、5p= 5、6p=10、7p=15、8p=20。
  • ・9p昇段には、世界大会優勝が必要となる。

2019年頭時点での欧州プロのポイントは以下の通りである。

    段位 年齢 欧州囲碁連盟
レーティング
低段ポイント
(LDP)
1 イリヤ・シクシン 2p 28 2786 43
2 パヴォル・リジー 2p 23 2772 16
3 アルテム・カチャノフスキー 2p 26 2744 0
4 アリ・ジャバリン 2p 25 2737 9
5 マテウシュ・スルマ 1p 23 2729 39
6 アンドリー・クラヴェッツ 1p 28 2656 2

昇段ポイントは、プロシステムが始まった2014年に遡って計算された。ただし、皆が自ら計算して申告する、というシステムだったそうである。その結果、シクシン・プロは、すでに2017年時点で2pに昇段していたことが判明。見事2p昇段第1号となった。以来43LDPを集め、3pも目の前である。
欧州プロ第1号だったリジー・プロは、2018年3月に2pに昇段した。その後も欧州選手権に優勝するなど好調である。

欧州囲碁トップを走り続けるシクシン2p。(写真:欧州囲碁連盟)
現在2位につけるリジー2p。(写真:欧州囲碁連盟)

このほか、カチャノフスキー・プロ、ジャバリン・プロも2pに昇段した。ジャバリン・プロについては「彼は怠けていて2018年秋になってようやく点数を計算したところ、2018年1月時点で2pに昇段していたことが判明した」そうである。大胆不敵な(?)彼らしい逸話である。
スルマ1pは2pまであと1ポイント。今年中の昇段は間違いないであろう。最新のプロであるクラヴェッツ1pは苦戦しているが、こちらも是非頑張ってほしい。

左から欧州プロを指導する中国のバオ・ルン・プロ、ジャバリン1p、カチャノフスキー2p、クラヴェッツ1p。(写真:欧州囲碁連盟)
昇段システムを考案したスルマ1p。(写真:Olivier Dulac)

記事を執筆したカチャノフスキー2pによると、「制度は実験的なもので、将来的には変更も必要かもしれないが、現在のところ結果は上々だと思う」とのこと。

なお、2019年には2年ぶりに入段手合が開催される。5月半ば、仏ストラスブールにおいて、7人目のプロが決定することになる。

[ 記事:野口基樹 ]

バックナンバー