日本囲碁ニュース (天元戦)

日本の囲碁ニュース・棋戦情報をお伝えします。
日本で行われている囲碁のイベントや棋戦情報を皆様にお伝えします。

囲碁ニュース [ 2020年10月27日 ]

天元戦は、井山が1勝を返してタイに

 井山裕太天元に一力遼碁聖が挑戦する第46期天元戦挑戦手合五番勝負(新聞三社連合主催)は、第2局が、10月20日に北海道札幌市の「京王プラザホテル札幌」で行われた。絶好調の両者は、全棋戦の勝ち星ランキングでも一力が一位、井山が二位と圧巻の強さを見せており、両者の対決は「現在の頂上決戦」として注目を集めている。一力が逆転で半目を制した第1局に続き、本局も井山の積極的な仕掛けから険しい戦いの碁となった。一時は白番の一力がペースを握ったかに思われたが、難解な競り合いの中で、一力が悔やむ手順前後があったようだ。半目を争う攻防が続くものの、「勝機はない」と判断した一力が、投了を告げる結末となった。スコアをタイに戻した井山は、「ずっと難しい碁で判断もできませんでした。勝ちがわかったのは最後の小ヨセになってからです」と熱戦を振り返り、一力は「正しく打てばかなり細かいが、少し足りない」とくちびるをかみしめた。第3局は、11月27日に福岡県久留米市の「ホテルマリターレ創世 久留米」にて行われる。次局までの1か月に、両者がいかに調整してくるかがおおいに注目される。

囲碁ニュース [ 2020年10月13日 ]

天元戦開幕。一力、2冠に向けて先勝

 井山裕太天元に、一力遼碁聖が挑戦する第46期天元戦(新聞三社連合主催)挑戦手合五番勝負が開幕。第1局が、10月8日、愛知県名古屋市の「賀城園」で打たれた。白番の井山が優勢に打ち進めていたが、一力が盛り返し、ヨセで抜き去って半目勝ちを収めた。一力の師匠、宋光復九段は「棋力と体力で拾った勝ちですが、井山さん相手に負け碁をひっくり返した棋力は充実している」とコメント。一力は「次はもっとよい内容で勝ちたい」と話した。

囲碁ニュース [ 2020年9月11日 ]

一力、3期ぶり天元戦挑戦者

 井山裕太天元への挑戦権をかけた第46期天元戦(新聞三社連合主催)の挑戦者決定戦が、9月4日、東京都千代田区の日本棋院で行われ、一力遼碁聖が河野臨九段を中押しで降して3期ぶり3度目の挑戦者に名乗りをあげた。一力は今年、悲願の七大タイトル、碁聖を獲得した勢いにも乗り、直近では20勝2敗という9割を超える驚異的な勝率を残している。13年ぶりの復位を目指す河野も、安定した戦績で復調の兆しが見えるが、今年の対一力戦は、棋聖、名人、本因坊の三大リーグ戦でいずれも敗れている。黒番の河野が、最近研究の布石で臨んだが、一力も研究していた模様。序盤で白の一力がポイントをあげた。その後一力にミスがあり、河野にチャンスの局面が訪れたが、その勝負所で今度は河野に失着があり、流れを引き寄せられなかった。絶好調で、二つ目の七大タイトルが近づいた一力は「3年ぶりにこの舞台に戻ってこられたことを光栄に思います。前回は3連敗でしたので、今回はそれよりいい成績を残せるよう、万全の準備をして精一杯臨みたい」と抱負を語った。挑戦手合五番勝負の第1局は、10月8日、愛知県名古屋市の「賀城園」で行われる。

バックナンバー