日本囲碁ニュース (王座戦)

日本の囲碁ニュース・棋戦情報をお伝えします。
日本で行われている囲碁のイベントや棋戦情報を皆様にお伝えします。

囲碁ニュース [ 2019年11月8日 ]

王座戦開幕。新名人が先勝

 永世称号を獲得できる五連覇をかけた井山裕太王座に、芝野虎丸新名人が挑戦する第67期王座戦五番勝負(日本経済新聞社主催)が開幕した。日本囲碁界の第一人者と史上最年少名人という、おそらく囲碁ファンにとって「今最も見たいカード」の第1局は、10月25日、大阪府大阪市の「ウェスティンホテル大阪」で打たれ、期待どおりの熱戦を繰り広げた。 両者が対局前に「見ている方に楽しんでいただける碁を」と語ったとおり、序盤から両者の構想がぶつかり合う一手一手が興味深い展開となった。互いに相手の言うことを聞かず、深い読みの入った巧手を放ってポイントをあげ合いつつ、どこまでいっても「いい勝負」という、密度の濃い内容で「名局」の呼び声が高い。寄せに入っても互角の形勢だったが、最後に挑戦者が半目を制した。芝野は「今回は勝てましたが、これからも厳しい戦いが続くと思います」と静かに語った。敗れた井山は「いろいろ分からないことだらけだった」と難戦を振り返り、「次の対局まで間があくので、いい状態で臨めるように精一杯準備したい」と巻き返しを誓った。第2局は、11月16日に、山梨県甲府市の「常盤ホテル」にて行われる。

バックナンバー