囲碁ゲームサロン パンダネット

大会・イベント

日本囲碁ニュース (その他)

日本の囲碁ニュース・棋戦情報をお伝えします。

日本で行われている囲碁のイベントや棋戦情報を皆様にお伝えします。

囲碁ニュース [ 2018年1月18日 ]

青木喜久代 600勝達成

  青木喜久代八段は11日の碁聖戦予選Cで戸沢昭宣九段に不戦勝し、通算600勝(508敗4持碁)を達成した。女流棋士では杉内寿子八段以来、史上2人目の快挙だ。
 青木八段は49歳。1986年に17歳で入段し、女流名人など様々なタイトルを取ってきた。若手の台頭著しい近年でもその存在感は揺るがない。2012年の女流棋聖戦では謝依旻六段を破りタイトルを奪取。2016年には女流名人挑戦、会津中央病院杯準優勝と特出した成績を収めている。
 通算成績は女流棋戦や非公式戦を含まないため、想像以上にハードルが高い。しかも600勝達成時に49歳というのは若い(杉内八段は87歳で達成)。青木八段に心からの称賛を送るとともに、今後も若手女流棋士たちの高い壁であり続けて欲しいと願う。



囲碁ニュース [ 2018年1月9日 ]

囲碁井山・将棋羽生 国民栄誉賞決定

  井山裕太七冠(28)と将棋の羽生善治竜王(47)の国民栄誉賞授与が1月5日、正式に決定した。国民栄誉賞は1977年に設立され、これまでにスポーツ、文化、芸能関係者23人と1団体が受賞している。囲碁、将棋の棋士の受賞はそれぞれ初めて。表彰式は2月13日に首相官邸で行われる予定だ。
 井山七冠は中学一年生でプロ入りし、19歳で七大タイトルの一角、名人を史上最年少で獲得した。2013年には囲碁界初の六冠に。その後一時は四冠にまで後退するのも、不屈の精神力で一つ一つタイトルを積み重ね、2016年に1度目の七冠を成し遂げた。同年、名人を失うも保持する全てのタイトルを防衛。そして2017年、名人を取り返し、2度目の七冠を達成した。これは囲碁将棋ともに前例のない快挙。現在も七冠を維持し続けている。
 羽生竜王は1996年に史上初の七冠を達成した。永世称号は七大タイトルをそれぞれ所定の回数保持、または連覇することによって得られる。羽生は長く第一人者であり続け、通算タイトル獲得数は99を数える。2017年、永世竜王の資格を獲得すると同時に永世七冠を達成。金字塔を打ち立てた。

バックナンバー