日本囲碁ニュース (碁聖戦)

日本の囲碁ニュース・棋戦情報をお伝えします。
日本で行われている囲碁のイベントや棋戦情報を皆様にお伝えします。

囲碁ニュース [ 2022年5月17日 ]

一力、雪辱をかけて碁聖戦挑戦者に名乗り

 井山裕太碁聖への挑戦権をかけた第47期碁聖戦(新聞囲碁連盟主催)の挑戦者決定戦が、5月16日に東京都千代田区の日本棋院で打たれた。この大舞台に勝ち上がったのは、前碁聖の一力遼棋聖と、余正麒八段。両者は、本因坊戦に続いて挑戦者決定局で相まみえることとなった。「序盤から経験のない展開になり、中盤以降自信はなかった」と一力は難戦を振り返る。だが、コウを解消して形が決まり、勝ちを意識したという。219手まで、一力が黒番中押し勝ちを収め、井山へのリターンマッチ出場を決めた。余にとっては大一番でのつらい連敗となった。一力は「今年もこの舞台に戻ってくることができてよかったと思います。井山さんと1日制の碁は久しぶりなので、2日制とは違った碁になると思いますが、精一杯自分のベストを尽くして戦います」と抱負を語った。七大タイトルの挑戦手合で、井山と一力の組み合わせとなるのは、棋聖戦、本因坊戦に続いて今年に入ってから3棋戦目。充実の両者による頂上決戦が歴史を作っている。挑戦手合五番勝負の第一局は、6月24日に、大阪市北区の「日本棋院関西総本部」にて行われる。

バックナンバー